釣りの特徴

海輝丸ではイカメタルという釣法でイカを狙う。

イカの活性が高い夕方~明け方に釣りをします。

水深40~60m前後の釣り場で船で集魚灯を付け小魚を集魚して、その小魚を食べに白イカが寄ってくる、そのイカをミッドスッテの10~20号を使用してライトタックルで スッテやエギを動かして細なアタリを捉えて掛ける、又数釣りも可能で、胴付き釣りよりも仕掛けはシンプルで扱い易い、又白イカとの駆け引きも楽しめテクニックも必要となり、胴付き釣りの釣り方には無いゲーム感覚の釣りにもなります。

 

釣り場

砂地~岩礁帯。水深 40 〜 60 メートル前後。

 

釣り方

イカメタルは船から鉛スッテ単体、もしくは浮きスッテやエギをつけたシンプルな仕掛けで行う釣法です。

メタルルアーをつかったこの釣法は、棚取りが重要で船長からの指示棚で確実に釣る必要が有り釣果を左右します。基本はボトムまでフォールしてから釣り始めるが、船長指示棚から始める。

船長指示棚までスッテを沈めると、3回程度シャクリ巻きをしてロッドを止めて、スッテをステイさせてティップでの当たりを待つ、当たらないとシェイクして止めて、フォールさせて誘い当たりを待つ、5m程度の幅をサグリ、釣れないと船長指示タナまで再度沈めてやり直しする。

当たりは、ティップが少し曲がり込む、ティップがフワットと浮く・曲りが戻るようなのが当たりです (小さな動きで見逃さない事)。

タナは、時間が経過するとイカは浮いて来る場合が多く、釣れたタナを集中して攻めることが数釣りの秘訣です。

 

さまざまなアクションで攻めるのも、イカメタルの魅力!

(A) ロッドワークでスローフォール
これがイカメタルゲームの醍醐味であるフォール中の抜けるアタリを取って掛けるを一番実感できる瞬間だ。これが一番難しいが、怪しいと感じたらとりあえずアワセてみることが肝心。意外とそれで乗ってくることも多い。また、それを繰り返すことで、繊細なアタリの感覚がつかめてくる。

 

(B) ロングステイ
繊細なティップの変化でアタリを取っていく。ステイさせた状態では船の揺れに合わせて一定の動きをティップがするはずだ。それに変化が出た瞬間がアタリである。特に入るはずのティップが入らずに残る状態。そんな時はすかさずアワセよう。ティップが入った状態からさらに入る時はかなりの高活性でしっかり乗ってくれているケースが多い。また、テンションが抜けるイカパンチ状態のアタリをアワセて掛けてこそ、イカメタルゲームの神髄が見えてくる。

 

(C) シェイクからのステイ
渋い時の秘策としては、一定テンションで小さなシェイクを繰り返す。その後ロングステイ。イメージは抱こうとしてるのに狙いの獲物がちょこまか動いて捉えきれないストレスをイカに与えることで、「やっと抱ける瞬間が来た!チャンス!」と思わせることでドンと抱かせるイメージだ。この誘いに乗って来る時はガッツり抱いてくることが多い。

 

 

 

イカ釣りについて